スロートレーニングのダンベルメニューで痩せる事は出来るのか?

今話題のスロートレーニング。

直訳すると「ゆっくり運動をする」という事なんですが、動きをゆっくりすることで筋肉に負荷がかかります。

それによってトレーニング効果が最大になるというわけなんです。

回数よりも質を重視するという事ですね。

という事で私も早速スロートレーニングで引き締まった体を目指すべく今日から頑張ります。

スロートレーニングとは?

略して「スロトレ」とも言われています。
ゆっくりした動作でトレーニングすることで筋肉に負荷をかけてトレーニング効果を倍増させる方法です。

筋肉には3種類あり、遅筋、中間筋、速筋という順番で動かすと全ての筋肉をバランスよく鍛える事ができます。

スロートレーニングのいいところは、回数をこなさなくても短時間のトレーニングですむところ。

特に加齢で代謝が悪くなっている人は遅筋の鍛錬で代謝を上げる事が出来ます。

そして体脂肪の燃焼にも効果があるので、引き締まった体を目指している人にはぜひ、やってほしいトレーニング法ですね。

スロートレーニングは女性向き

スロートレーニングは特に女性に向いています。

道具が何もなくてもできるのがいいところですよね。
基本は「上げる、止める、下げる」を意識してやってみてください。

結構、力が入るので息を止めている事が多いです。
そういう意味では無酸素運動になるのかもしれませんね。

加圧トレーニングに行った事があるのですが、それに似たところがあります。

ゆっくりだから効果がないと思ったら大間違いです。
トレーニングは呼吸と合わせることで効果も倍増します。

加圧トレーニングに3か月、通った時は4kg痩せました(笑)
でも結構きつかった・・・
息を止めてるなって自覚した時は呼吸をするようにしてください。

私はダンベルを使ったスロートレーニングがしたかったので、ダンベルを購入しました。

私が購入したのはこれです。

これは重さが0.5kg~20kgまで自由に変えることができます。

さらに3WAYなので、片手だけ鍛えたい、両手を鍛えたい、バーベルにして背中を鍛えたいという要望にも答えてくれる優れものです。

私はいつもバーベルにして肩に乗せてスクワットマジックをしています。

これをするとさらに負荷がかかって、足を鍛える事が出来ます。

足には大きな筋肉があるので、そこを鍛えることで早く痩せる事ができるというわけなんです。

バーベルなしでスクワットマジッをしても軽すぎて、あんまり運動になっていないかなって感じていました。

回数はたくさんできるのですが、それだと筋肉に負荷がかかっていません。

ユーチューブでダンベルを使ったスロートレーニングの方法を見つけたので、時間のあるときにやってみてくださいね。

スロートレーニングダンベルのやり方

スロトレで筋肥大!

女性は男性と違い、筋肉モリモリにはならにので安心してトレーニングしてくださいね。

まとめ

私もプライベートジムで言われたのですが、体型を変えるにはまず体脂肪を落とす事が一番近道と言われました。

特にそんなに太っていない人の場合、体脂肪を落とす事で引き締まった体になります。

そうすると体重が変わっていなくても「痩せた?」って聞かれるそうですよ。

特に年がいってから体重を落とすと老けて見えるので、体重を落とさずに体脂肪を落とした方がいいです。

この辺を勘違いしている人が多いので注意してくださいね。

若い人のダイエットと年がいってる人のダイエットの仕方は違うという事です。

まずは体脂肪を落としてみませんか?
私もこのダンベルを使ったスロートレーニングを始めたところなので、まだ効果は出ていませんが続けて頑張るつもりです。

ダイエットは運動だけでなく食べるものが一番大事なのでその辺も、徐々に書いていきたいと思います。

今回の記事が参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント