休眠預金活用法が2019年1月1日から施行!年内に通帳記帳するだけでもOK

休眠預金ってご存知ですか?
今日、初めて「あさチャン」のニュースで効いて私も驚きました。

もう10年以上も使っていない預金通帳って誰でもひとつは持っていると思います。

職場を変わった時、引っ越しした時など銀行が変わりますよね。
そのたびに新しい銀行口座を作って前の通帳は、もうほとんど預金がないからとほったらかし。





私もそんな通帳がたくさんあるので慌てました。

もう印鑑もどこに行ったかわからないし、これから探します。
昔は、ATMでカードで下ろせたのは1000円単位でした。

細かい10円単位は下ろせなかったのがそのままほったらかしにしている原因です。

休眠預金って何?

休眠預金活用法

2018年休眠預金活用法という新しい法律が施行されます。
休眠預金とは、10年以上、入出金の移動がない預金の事をいいます。

なんとその金額が、日本では850億円にもなるそうです。

そのうち350億円ほどは、払い戻されているそうですが、残りの500億円は休眠預金として銀行に眠っているそうです。

政府もいいところに目をつけましたね。

もうすでにそんなお金の事を忘れているか、中には亡くなっている人もいるかもしれません。

年内に何とかしないと、そのお金は全て国の物になってしまいます。

銀行口座はどんどん増えていく

私のようにいろんなところにパートに行くと「お給料振り込みように○○銀行に口座を作っておいてね」と言われる事がたくさんありますよね。

そんな風にして、銀行口座はどんどん増えていきます。

さらに引っ越しをして、そこで家を借りるとたいていは地主なので、地元のローカルな銀行と密着している場合が多いので家賃の引き落としは、ローカルな○○信用金庫みたいなところが多いです。

でもそこに振り込むには自分も口座を作らないと、他行から振り込むと手数料がいります。

そんなこんなで使いかけの口座がいっぱい残って通帳やカードだらけになるというわけです。

銀行から通知が来る?

1万円以上の場合は銀行から通知が来るので気づく場合があるでしょう。

でも1万円以下の場合は、何の通達もなく自分でも気づかなければそのままなくなってしまいます。

「1万円以下ならなくなってもいいや」って言う太っ腹の人はそのままにしておけばいいですけどね。

各銀行も電子広告を貼っているので、もし通帳やカードがある人は銀行に持って行って残高を調べてもらうのも一つの手ですね。

銀行によっては通帳記帳するだけでも動きがあったのでOK!というろこもあります。

引っ越しなどをして住所変更をしていない人は、通知が来ない場合があるので自分から銀行へ問い合わせてください。

休眠預金のうち、9割は気づいていないケースが多いそうですよ。




休眠預金の使い方は?

詳しい事はわかりませんが、地域や子供たち、若者に使うそうです。

もっと深く知りたい方は、政府が発行している資料を見てくださいね。

休眠預金交付金にかかわる資金の活用に関する基本方針

印鑑がなくても大丈夫!

念のため、家の中を調べてみてください。
10年以上使っていない通帳やカードが出てくるかもしれませんよ。

印鑑ががなくても大丈夫!

通帳、カードのどちらかがあれば身分証明書を持っていけば、残っている預金を下ろす事が出来ます。

ダメもとで探してみてください。
銀行が合併している場合でも大丈夫です。

昔に作った口座なら、銀行の合併でなくなっていることもありますからね。

休眠預金活用法はいつから?

2009年1月1日以降から10年間取引がない、預金は休眠預金として活用法の対象になります。

もう日がありませんよ、
年内に整理しておかないと手遅れになります。

ただし、銀行によっては休眠預金にも手数料がいる場合があるので、各銀行に問い合わせてみてくださいね。




まとめ

結構、ほったらかしがちな小銭も塵も積もれば山となる・・・ですよ。
私も探してみると、2つ、使っていない通帳が出てきました。

1つは前に借りていたマンションの家賃引き落としの時に作った地方銀行の通帳です。
もうひとつは、主人が若い時に購入したマンションのローン引き落とし用の口座でした。

両方とも、もうすでに使っていないので早速、解約に行ってきます。

これを読んでいる人も休眠預金にならないように家の中を探してみてくださいね。

本日は取り急ぎ記事にまとめてみました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント