更年期のむくみで体重が増加?原因は代謝の低下!対策や改善法は?

更年期になると代謝が悪くなり、痩せにくくなりますよね。
私も通っているエステで「閉経前に痩せないと痩せにくくなるよ」と言われていました。

 
ジムに通ったり、夜にウオーキングしたり甘いものを我慢したり色々頑張ったのですが、努力も空しく閉経を迎えることとなりました。
 

閉経するまでに5kg減らしたかったのですが無理でした。
閉経してからは、いつも足はパンパンにむくんでいるし、体重も徐々に増えてきて・・・

そもそもこの体重の増加はむくみなのかもしれない
むくみなら解消すれば痩せれるんじゃ!

 
そう思ってむくみの原因や解消法を調べてみました。

今回は「更年期のむくみで体重が増加した!」って言う人の参考になると思いますので最後まで読んでみてくださいね。

むくみの原因

むくみの原因は、リンパの流れが悪くなり老廃物が溜まることで起こります。
体内にはたくさんのリンパが流れていますからね。

 
その他にも肝臓、腎臓などの内臓機能に問題がある場合もあります。
 

そして更年期のむくみの一番の原因は、代謝が悪くなることです。

代謝が悪くなるのは加齢のせいでもあるのですが、筋力の衰えや運動不足なども関係しています。

また同じ姿勢を続けていたり、体を締め付け過ぎる下着などもよくないので気をつけてください。

代謝が悪くなると、痩せにくい体になって、いくらダイエットを頑張っても体重が増加していくという悪循環になります。

それやったら代謝をよくしたらいいやん

代謝が悪くなる原因&解消法

若い時は同じ事をしていても、代謝がいいのでむくむ事もないと思いますが、更年期になると気をつけなければいけない事がたくさんあります。

まず思い当たるものがあれば改善していってください。

アルコールの飲み過ぎ

ビールは利尿作用があるので腎臓が悪い人は飲んだほうがいいと言われていますが、飲み過ぎはよくありません。

 
アルコールは内臓を冷やします。
冷えた内臓を温めるために脂肪をため込んで内臓脂肪となってポッコリお腹の原因になります。

 
私もワインが好きだったので、おつまみがなくてもワインだけを飲んでいました。
ワインはブドウだからヘルシーだと思い、なるべく甘くない白ワインを選んで飲んでいました。
 

本当は赤ワインの方がポリフェノールが入っているのでいいのですが、歯に色がつくので白ワインにしていました。





でもさすがに飲む量が多かったので内臓を冷やし、さらに加齢で代謝が悪くなったみたいです。
 
アルコールの飲み過ぎは、血液もドロドロにしてしまうので血栓の原因にもなります。
何でもそうですが、控えめが大事ですよね。

塩分や糖分の取り過ぎ

塩分を多く取ると、体は水分をため込むようになります。

それがむくみの原因になります。
さらに糖分は、体の中に水分をためる力が強いので食べ過ぎるとむくみの原因になります。

 
塩分の取り過ぎは高血圧にもなるので要注意です。

同じ姿勢を長く続けている

座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けているのもリンパの流れが悪くなる原因です。

同じ姿勢を続けていると、血管やリンパ管が圧迫されるからです。

体の内部や外部の冷え

冷たいものを食べすぎると内臓が冷えて代謝が悪くなります。
暑い夏は冷たい飲み物を飲みたくなりますが、なるべく常温の物を飲むようにしましょう。

 
また夏は職場やスーパーなど外出先だけでなく、家に帰ってからもエアコンにあたる事が多いですよね。

 
それも冷えの原因になり代謝が悪くなります。
靴下をはくとか、なるべく温度を低くし過ぎないように気をつけましょう。

シャワーだけですます

夏はシャワーだけという人が多いですよね。
湯船につかると出てから汗が止まらなくて暑いからというのが理由だと思います。

 
でもシャワーだと体の疲れも取れないし、体を芯から温める事が出来ません。
夏でもぬるいお湯にゆっくりつかって体の芯を温めるようにしてください。

 
お風呂から出たら暑いかもしれませんが、体を温めることで気分もスッキリしますし、疲れも軽減されます。

特にストレスを抱えている時は、交感神経が優位になっているのでリラックスする事が大切です。





そのためにも入浴は欠かせないものです。
アロマの香りやろうそくをつけたお風呂にゆっくり浸かれば心身ともに癒されるのでおすすめです。

睡眠不足

睡眠不足になると、体のあらゆるところに不調が現れます。
最近は、夜型の人が多いですよね。
 
足がむくんでいる時は、足を高くして寝た方がいいと言われています。
なので少しでも早めに横になった方が、足のむくみにも効果的ですよ。

肉体疲労

疲れていると筋肉の中に乳酸という疲労物質が蓄積されていきます。

乳酸が増えると筋肉をこわばらせ、血流もリンパの流れも悪くなってしまいむくみの原因になります。

疲労をためないように自分で工夫することが大切です。

激しい運動

体重が増加すると運動をして、早く体重を落とそうとしますよね。
それ自体はいい事なんですが、汗をかくと水分が足りなくなります。

 
水分を失ってしまう危機を感じた体は、水分をため込もうとします。
それがむくみの原因になります。

なので、運動をする時は水分補給をこまめにしてください。

呼吸が浅い

前にも言いましたが、だんだん年がいくと呼吸が浅くなっていくんです。

合わせて読みたい!
痩せない50代女性はイラつく前に体質改善を!太っていくのは冷えが原因

血液の中には酸素が含まれています。
血中酸素って聞いたことないですか?

 
呼吸が浅いと体の中に取り込む酸素量も少なくなります。
血中酸素が少なくなると血液もドロドロになり、流れが悪くなり血栓が出来る原因にもなるので要注意です。

ストレス

ストレスが大きくなると交感神経が優位になって、常にイライラして闘っている状態になります。
そうなると血管も細くなり血流が悪くなってむくみの原因になります。
 
適度にストレス発散をする事をおすすめします。
気分転換をすると、体の中からエネルギッシュになるので定期的なストレス解消は大切ですよ。




ホルモンバランスの崩れ

更年期を迎えるとホルモンのバランスが崩れます。
ホルモンのバランスが崩れると血流も悪くなり、むくみの原因になります。
 

肩こりもホルモンのバランスの崩れから血流が悪くなり起こります。
肩甲骨の周りには褐色脂肪細胞という脂肪を燃焼してくれる大事な細胞があります。

 
筋肉が硬くなったり、血流が悪くなると肩甲骨周りが硬くなりますよね。
そうするとこの褐色脂肪細胞を動かせなくなります。

 
なので、マッサージや意識的に肩甲骨を動かすようにして褐色脂肪細胞を活性化するようにしてください。
そうすれば痩せやすくなりますよ。

きつすぎる下着

下着で締めつければ少しでも細く見せる。
そう思う気持ちはわかります。
 
でもきつすぎる下着は、リンパや血流の流れをストップしてしまいます。
 
流れが悪くなると老廃物が溜まりむくみの原因になります。
補正下着は、ほどほどの締めつけにしてください。

体重増加の原因

体重が増加する原因はむくみや代謝が悪くなるという事がわかりましたね。

  • 食生活も変わっていないのに痩せない
  • 毎日、運動しているのに痩せない
  • 食べるものに気をつけているのに痩せない

こんな悩みを抱えている人は、代謝が原因かもしれません。
そんな時は、生活習慣と食生活を変える事が大切です。

★早寝早起き
★毎日入浴
★禁煙
★アルコールは控えめ
★3食バランスのいい食事
★間食はやめる
★適度な運動
★ストレスをため込まない
★睡眠環境を整える

 
などなど、色々できる事がありそうですね。
 
体重が増えると心臓が悪くなったり、膝や腰にも悪影響を与えます。
体重管理は見た目だけでなく健康管理にもつながるので肥満は避けるようにしたほうがいいですね。
 

そして運動をするメリットは、基礎代謝が上がり痩せやすい体になる事です。
年齢に合った運動をして、健康な体を目指しましょう。

まとめ

更年期になって体重が増加するのはむくみの他にも代謝の低下も関係しているようですね。
 
私も今代謝の低下を改善するように頑張っているのですが、低体温になっているのでまず体温を上げる事が先決だと思っています。
体温が1度上がると代謝も上がると言われていますよ。
 

その為には体の内側から温めて、筋肉を増やす事が一番ですね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。




コメント